アトピー湯治 泉質

温泉の泉質別特徴

アトピー湯治 温泉の泉質別特徴

アトピー湯治 温泉の泉質別特徴


温泉の泉質は含有する成分に基づいて 9〜11種類に分類されますが
その中から アトピー湯治に向いている 8種類の泉質 について説明します。


単純温泉


[泉質] 単純温泉 (たんじゅんおんせん)
[特徴] 無色透明の場合が多い。成分が少ないため、お湯はやわらかく、肌にやさしいので、肌がデリケートな人でも入浴しやすい。「単純」という名称から「効果もあまりないのでは?」とイメージされやすいですが、効能も幅広く、名湯と呼ばれる温泉には単純温泉が多くみられます。
おすすめ宿福田温泉 癒楽家福泉(青森県)


炭酸水素塩泉


[泉質] 炭酸水素塩泉 (たんさんすいそえんせん)
[特徴] アルカリ性で、肌をなめらかにする「美肌作用」があり、美肌の湯として知られています。重炭酸土類泉は、カルシウムやマグネシウムイオンを多く含むので、黄褐色のお湯が多いのが特徴です。
おすすめ宿とぴや温泉 ラビスタ安比高原(岩手県)


塩化物泉


[泉質] 塩化物泉 (えんかぶつせん)
[特徴] 日本でもっとも多い泉質で、飲むと塩味がします。よく温まるので「熱の湯」とも呼ばれます。入浴すると、塩分が肌に付着して汗が蒸発するのを防ぐので、保温効果が長く続くのが特徴です。
おすすめ宿豊富温泉 川島旅館(北海道)


硫酸塩泉


[泉質] 硫酸塩泉 (りゅうさんえんせん)
[特徴] 無色透明・無味無臭ですが、まろやかなお湯が特徴。飲泉効果にすぐれ、動脈硬化や糖尿病など生活習慣病にも効きます。鎮静効果も高いので外傷などの湯治にも向いています。
おすすめ宿河口湖温泉 おおはし(山梨県)


含鉄泉


[泉質] 含鉄泉 (がんてつせん)
[特徴] 鉄分を多く含み、わき出したときは無色透明ですが、空気に触れると、鉄分が酸化して 褐色のお湯 に変わります。乾燥肌の方には強い酸性の鉄泉は向きません。
おすすめ宿笹谷温泉 湯元 一乃湯(宮城県)


硫黄泉


[泉質] 硫黄泉 (いおうせん)
[特徴] 硫化水素ガス特有の匂いが特徴。含まれる硫黄(いおう)分が空気にふれて沈殿すると白く濁ったり、湯の花ができたりします。硫黄泉には美肌効果があり、にきびやアトピーなど皮膚病にも効果があります。刺激が強い泉質なので敏感肌の人には向きません。
おすすめ宿南郷温泉 共林荘(秋田県)


酸性泉


[泉質] 酸性泉 (さんせいせん)
[特徴] 酸味があって肌にしみる強い刺激があります。殺菌力が強く、皮膚病や水虫に効きます。肌の弱い人は、湯ただれを起こすことがありますので、肌の弱い人は、入浴後は普通のお湯で体を流すようにしてください。
おすすめ宿岳温泉 鏡が池碧山亭(福島県)


放射能泉


[泉質] 放射能泉 (ほうしゃのうせん)
[特徴] お湯は無色透明、無味無臭。利尿作用や鎮静作用があります。ラドン泉・ラジウム温泉などとも呼ばれます。「放射能」という名前から体に悪いのでは? と心配される方もいらっしゃいますが、影響を与える量ではないので心配はいりません。
おすすめ宿おしゃまんべ温泉 二股らじうむ温泉旅館(北海道)


ページの上に戻る


温泉の泉質別特徴関連ページ

アトピーにおすすめの泉質
アトピーにおすすめの温泉の泉質とおすすめ宿

ホーム RSS購読 サイトマップ